HOME - 学校紹介 - 海外研修旅行

学校紹介


海外研修旅行

 海外研修旅行は、海外での短期留学とホームステイにより、国際親善を深め、体験を通して語学力を高めることを目的に1979(昭和54)年春から始まりました。
 2002年度までは、高校一年生の英語コース(現英語特進コース)の生徒を対象に、学年末(3月)に約2週間の語学研修旅行を行ってきました。場所としては、1997年〜2002年までは、イギリスやフランスが中心でした。しかし、国際情勢の変化もあり、2003年度は場所をニュージーランドに変更して実施しました。また、姉妹校の南オーストラリア アデレード市にあるインマヌエル高校への隔年訪問はルーテル学院高校と合同で行われています。
v
訪問国 備考 訪問国 備考
1979 アメリカ   1996 イギリス  
1980 アメリカ   1996 オーストラリア 九女と合同
1981 アメリカ   1997 アメリカ  
1982 アメリカ   1997 イギリス  
1983 アメリカ   1998 イギリス  
1984 アメリカ   1999 イギリス  
1985 アメリカ   2000 イギリス  
1986 アメリカ   2000 オーストラリア  
1987 アメリカ   2001 イギリス  
1988 アメリカ   2002 イギリス  
1989 アメリカ   2002 オーストラリア ルーテルと合同
1989 オーストラリア  2003 ニュージーランド  
1990 アメリカ   2004 オーストラリア ルーテルと合同
1991 アメリカ   2006 オーストラリア ルーテルと合同
1992 アメリカ   2008 オーストラリア
1992 オーストラリア   2010 オーストラリア ルーテルと合同
1993 イギリス   2012 オーストラリア ルーテルと合同
1994 アメリカ   2014 オーストラリア ルーテルと合同
1995 アメリカ   2016 オーストラリア ルーテルと合同
1996 アメリカ  
1.訪米(等)研修旅行(高校)
 1979年(昭和54年)春に始まったアメリカでのこの研修は北米のルーテル教会のご厚意によるもので、1997年3月まで18回実施しました。3月中旬から4月の初旬までの3週間にも及ぶ研修旅行で、主な訪問地は首都ワシントン、ニューヨークなどで、帰りにはグランドキャニオンを訪問することもあります。ホームステイ地は招待いただく教会によって毎年異なり、約2週間に渡るホームステイの間、生徒たちは教会の信徒の方たちの家にお世話になり、その地域の訪問や現地の方たちとの交流を通して文化や生活習慣の違いなどを学び、より大きな視野にたって物事を見る目が養われてきました。この旅行に参加したのがきっかけとなって外国に留学した生徒、英会話力や一般的な知識の不足を感じて勉学に取り組むようになった生徒など、研修の成果が色々な面で現れています。場所に関しては、情勢の変化で、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどに変更しています。
2.交換留学制度(オーストラリア)
 本校との姉妹校関係にあるオーストラリアのインマヌエル高校から、毎年1〜2名の生徒が九州学院に留学していますが、本校からもホームステイをしながら、1年間インマヌエル高校に留学する制度です。留学を希望する生徒に望ましい条件としては、(1)英検2級以上の英語力、会話力があり(2)その他の教科にも平均以上の学力を持ち、(3)積極的に異文化に溶け込み、それを理解・吸収しようとする意欲を持った健康な生徒などがあげられます。留学を希望する生徒は、学内選考を行い決定されます。