2008年8月アーカイブ

8月23日兵庫県で行われた全国中学校体育大会において、九州学院が決勝まで進みましたが、西和(和歌山)に1−3で惜しくも敗れましたが、みごと準優勝を飾りました。

準々決勝
 九州学院 2−1 大蔵(兵庫)
準決勝
 九州学院 2−1 下瀬谷(神奈川)
決勝
 西和(和歌山) 3−1 九州学院

8月29日、上原絵美さんの特集がテレビタミンで放映されます。
上原絵美さんは、オペラハウスバレエ団に見事合格し、プロのバレリーナとなった九州学院中学校の卒業生です。
以下は過去に中学新聞に載せた上原さんの記事をご紹介します。


★2007年12月19日号
バレエ留学中の上原絵美さん 日本人初の主役に!

 スイスのバレエ学校に留学中の上原絵美さんは、今年の春行われた学校公演に於いて、日本人初の主役に抜擢されました。上原さんは2005年に九中を卒業し、九州学院高校へ進学。高校2年生の春、チューリッヒ・オペラ座附属バレエ学校の入学オーディションに合格。同年8月から留学をしました。当初は、ヨーロッパのバレエのレベルの高さと容姿に恵まれた生徒達に圧倒され、不安になることもあったそうです。
 2006年12月には、RAD(ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス)の試験に学年トップで合格。そして今年の5月に行われた学校公演のメンバーに選ばれ、表現力と踊りのセンスが求められるキャラクターダンス(ハンガリースタイルの民族舞踊)で、日本人初の主役を踊りました。
 コミュニケーション手段は英語です。また、ドイツ語での授業も週1回受けているそうです。スイスでは心身ともに、自己管理が大切です。留学生活では「自分で自分を監督し、役に立つ善人となれ」という九州学院の教えの深さを実感しているそうです。


★2008年7月19日号
上原絵美さんプロデビュー

 スイスのチューリッヒオペラ座付属バレエ学校に留学中の上原絵美さん(H17年九中卒)が、この夏、オペラハウスバレエ団に見事合格し、プロのバレリーナとなりました。競争率が200〜300倍というヨーロッパでも人気のバレエ団で、附属のバレエ学校でも合格者は上原さんが3人目という難関をくぐり抜けての合格でした。
 ヨーロッパのバレエのレベルの高さ、外国人の容姿やスタイルの良さに圧倒されながらも、持ち前の精神力で、昨年12月のロイヤル.アカデミー.オブ.ダンスの試験でなんとスイス国内で1位の成績を収めました。

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。