九州学院HOME - おしらせ

おしらせ

山形中央を下し47年ぶりの連勝 8月16日4時、鹿実と九州対決

[2010/08/14]

 8月13日(金)、第92回全国高校野球選手権大会2回戦に臨んだ九州学院は山形中央を7−0で下し、1963年の初出場以来47年ぶりの甲子園2連勝を果たしました。

 九州学院は二回裏、内野の乱れからノーアウト2、3塁のピンチを迎えましたが、センターを抜けようとする難しいライナーをショート溝脇が好捕し、試合の流れを大きく変えました。              三回に2点を先制すると、四回は奇襲のスクイズで1点を追加し試合の主導権を握りました。 六回には渡辺、一年生コンビ萩原、溝脇が三塁打を次々と放ち(1イニング3三塁打は大会タイ)4点を加え、山形中央を完全に突き放しました。                                 エース渡辺政孝は二回のピンチを切り抜けた後は、一球一球を丁寧に投げ込みながら次第に調子を上げ、4被安打で見事完封しました。

 次は、8月16日第4試合(午後4時開始予定)で、鹿児島実業高校と九州対決をします。同校は九州学院×山形中央戦前の第二試合で能代商業に15対0で圧勝している強豪で、今大会屈指の好試合が期待されています。                                                  坂井監督は試合後のNHKのインタビューで鹿児島実との試合の抱負を問われ「鹿実は九州でトップのチーム。胸を借りるつもりでがんばります。」と応えていました。                                                              

 皆様の応援のお陰でここまで勝ち進んでこれました。 およそ半世紀ぶりにベスト8を狙う九州学院に引き続きご声援を宜しくお願い申し上げます。

 

DSC03629.JPG                      開幕日を上回る3万7千の観客で埋め尽くされた甲子園スタジアム         

DSC03650.JPGDSC03634.JPG

 

藤崎台球場でおなじみのTN氏(s43回)も応援に。この日は新しいコスチュームも披露。

相変わらず元気でした。

 

DSC03649.JPG

            6回溝脇、萩原、渡辺がそれぞれ三塁打を放ち勝利を決定的に

DSC03655.JPG

                  今大会2回目の「校歌」を斉唱するナイン

     実はこの時九州学院のKGの校旗が裏返り左右が逆のままに翻っていました。(笑?)

DSC03660.JPG

     勝って笑顔でアルプススタンドの大応援団に駆け寄る選手たち。  いい顔してましたね。