2011年1月アーカイブ

 130日早朝、恒例の「早天祈とう会」が、熊本市の花岡山で行なわれました。

同祈とう会は明治初期、キリスト教を日本に広めようと若者たちが結成した「熊本バンド」の志をたたえるもので、主催は熊本草葉町教会や熊本YMCAなどでつくる実行委員会となています。 

 この日は、相変わらずの厳しい冷え込みでしたが、九州学院からも教職員や敬愛会のメンバーなど25名程が参加しました。

夜明け前の午前5時半、九州学院正門に集合。学校のバスで花岡会場に移動しほかの参加者合流し、たき火を囲み共に賛美歌を合唱し祈りを捧げました。 

 熊本バンドがキリスト教の信仰を誓った「奉教趣意書」の原文の朗読などがあり、約200名の参加者は135年前の若者の勇気ある行動に思いをはせました。

 

 1876年1月30日、熊本洋学校の教師ジェーンズの教えを受けた熊本バンドの35人が花岡山に集まり、奉教趣意書に署名したと言われており、熊本バンドは札幌バンド、横浜バンドと共に日本の3大バンドと呼ばれています。

 若者たちは熊本で迫害を受けましたが、京都の同志社で学び社会に大きな貢献を果たした、と伝えられています。                                         九州学院はキリスト教を通しての同志社大学と深い繋がりがあり、毎年20名以上の推薦枠を与えられており、現在は同志社大学には九州学院出身者が約70名ほど在学をしていますいます。  今回もこの春に同志社への進学が既に決まっている三年生10数名も参加しました。

 

 

 <奨励をされた、野本真也同志社理事長と今年同志社に進学する生徒たち(草葉町教会にて)>

                               P1010540.JPG

 1月28日(金)午後3時45分、内村院長の机上の電話の呼び鈴が鳴ると、院長室に陣取った多数の報道関係者は、一斉にカメラを構えその瞬間に備えました。                            「ありがとうございました。一生懸命頑張らせて頂きます」と述べて受話器を置き、「選抜出場が決まりました。お世話になります」と言うと、大きな拍手が起こりました。第83回選抜高校野球の出場が決定した瞬間です。                                                          その後、院長が校舎の玄関前で報告を待ちわびていた野球部の選手達に、出場の報告とお祝いを述べると大きな歓声が上がり、取り囲んだ学校や野球部関係者が大きな祝福の拍手を送りました。 選手達は報道陣のりクエストに応えて、主将の胴上げや帽子飛ばしなど全身で出場の喜びを表しました。

 全国の出場枠32校のうち、一般選考は29校、21世紀枠は3校となっており、3月15日に組み合わせ抽選会の後、3月23日に開会式が行われます。 

 九州学院は夏に7回、春のセンバツは1980年、2000年、2002年に続いて4回目の出場となります。   皆様方の暖かいご声援を宜しくお願い申し上げます。

DSC04709.JPGDSC04694.JPG DSC04702.JPG

九州学院創立百周年記念事業の一環として現中学校舎の東側に建設が予定されている、記念体育館の起工式が、127日(木)午前、建設予定地で行われました。式には同窓会、育友会や町内会の役員、建築業者や職員代表など約50名が参列し、富島チャプレンの司式でキリスト教に則って行われました。

賛美歌、交読文、説教などの後、長岡理事長、内村院長が鎌入れや鋤入れを行い、施工業者の石本建築事務所、松尾建設の代表が鍬入れ杭打ちなどを行いました。主の祈りを唱え賛美歌「御神と共に」を斉唱して閉式となりました。

記念体育館は鉄筋コンクリート造2階建東西横長配置、外壁全面光触媒塗装で、一階は空手道場、トレーニングルームなど、二階はアリーナ・・・バスケットコート1面(面内にバレーコート1面、バドミントンコート3面)などを配置の予定で2月に着工し、8月に竣工の予定です。工事のために学校近辺の方々をはじめ関係の皆様にご迷惑をおかけすることになりますが、ご協力のほどを宜しくお願い申し上げます。

 

DSC04629.JPG

DSC04633.JPG DSC04637.JPG DSC04641.JPG DSC04644.JPG

 1月25日(火)に九州学院高校奨学生・専願生の入学試験を実施します。 当日は、早朝より交通の混雑が予想されますので、くれぐれもご注意下さい。

 なお、合格発表は1月31日(月)に行います。

 その後の入学試験の予定に関しましては、中学校の一般後期入試を2月5日(土)、高校の一般入試を2月17日(木)に実施します。

 入試等のお問い合わせ等につきましては、九州学院事務室(電話:096−364−6134)までお願い致します。                 

 九州学院では1月19日の創立記念日に、永年勤続者の表彰を行っています。 今年は勤続30年2名、20年2名、10年2名の計6名が朝の職員会議の席上表彰され、長岡立一郎理事長から表彰状と記念品が手渡されました。誠におめでとうございます。

 九州学院には転勤がなく、正式採用になってから中途で辞める職員がほとんど無く、現職最長勤続職員は45年で、30年以上の永年勤続職員が16人もいます。 卒業した後にかなり年数が経って学校を訪ねて来ても、必ず数名は知っている先生がいることが私立学校の大きな特徴でもあります。

 

CA3G0153.JPG

 九州学院は1910年の119日に国から学校設立が認可され、1911年の4月に122名の入学生を迎え開校しました。

毎年、創立記念日の1月19日に、外部から講師を招いて講演会を開いています。

今年は一日早い18日に、蒲島熊本県知事を特別に講師としてお迎えし、創立100周年の記念講演会を行いました。

講演会当日は朝から大変冷え込み、ピーコートの着用も特別に許可をし、会場となった体育館の中に一部ストーブを持ち込むほどの寒さとなりました。しかし、心をこめて大変熱く語られる蒲島熊本県知事の情熱と会場の熱気で、寒さを忘れさせてくれるような素晴らしい講演会となりました。

 

 

 

DSC04587.JPG

DSC04591.JPG以下は講演の要旨です。

【演題】「夢限りなく」

【講師】蒲島郁夫熊本県知事

日時】1181011

 

 私は1947年、熊本県山鹿市に生まれました。現在63歳です。子ども時代は大変貧乏で、9人兄弟の7番目、20畳位の家に祖父・両親を含め12人で暮らしていました。幼少時から本をよく読み、牧場主(阿蘇のふもとで牛を飼う)、小説家、政治家(プルタルク英雄伝が好きで、カエサルにあこがれた)のいずれかになる夢を持っていました。鹿本高校時代は230人中200番位でほとんど勉強はしませんでした。高校卒業後、農協(現在のJA鹿本)に就職。20歳の時、青年弁論大会に出場し、「自分は平凡な男だが非凡な人生をおくりたい」と主張したことが自分の人生について深く考える機会となりました。

「阿蘇のふもとで牛を飼うという夢を実現するためには、知識と資金が必要になる」と考え、21歳の時アメリカでの農業研修に参加しました。シアトル郊外のモーゼスレイクで3ヶ月間英語を勉強した後、オレゴン州でメキシコ人労働者と一緒にリンゴの収穫作業を行いました。ビッグベンで更に研修を続けた後、アイダホ州に配属され牛・羊500頭の牧畜作業を行いました。湖が美しいところでしたが、真っ白な雪に覆われたブリザード(吹雪)の中で農作業に従事するのは大変つらいものでした。1年間の研修ののちネブラスカ大学で3か月間勉強することができましたが、「学問は農作業よりも楽だ」と考えるようになり、来年も研修生の通訳としてアメリカに戻ってきたいと雇い主のクリントン・フーバーさんに願い出ました。23歳のとき帰国し準備にとりかかりました。渡航費35万円は義兄が出してくれることになり、推薦状は高校時代の先生が英語で書いてくれたが、婚約していた恋人を説得するのが大変でした。しかし、24歳でネブラスカ大学の入学試験(英語と数学)を受けたが不合格でした。婚約者を何とか説得して描いた留学計画だったので大変落ち込みました。絶望の淵にいたとき、研修時に世話になったハドソン先生がアドミッション・オフィサーとして6か月間の仮の留学期間を与えてくれることになりました。せっかくいただいたチャンスなので必死に勉強し、全教科AでGPA(グレード・ポイント・アベレージ)4.0を取得しました。375人いた学生のうちGPA4.0を取得できたのは10人しかいなかったので、奨学金と授業料免除の特典を受けることができました。

25歳でネブラスカ大学1年生になったとき、婚約者と結婚しました。ネブラスカ大学では繁殖生理学のDr.ジーママンのもとで豚の精子の保存法に関する研究を行いました。28歳でネブラスカ大学を卒業しましたが、2人の子どもを育てながらよく勉強に励んだと評価され大学院に進学することを勧められました。このとき、幼少時の頃の政治家になる夢を思い出し、政治学の研究に方向転換することを決めました。このとき友人がハーバード大学の学部長をしていたので、ハーバード大学の大学院に願書を出しました。ハーバード大学は、名門でお金持ちでないと入学できないので、熊本の小作農の息子で2人の子どもを持つ男が入学できたのは大変まれなケースだったと思います。28歳から32歳までハーバード大学大学院の政治学科で学びましたが、この間サミュエル・ハンチントン先生(「文明の衝突」という著書で有名)、指導教官のシドニー・バーバー先生、エドウィン・ライシャワー先生(元駐日大使)に大変世話になりました。シドニー・バーバー先生の授業のとき、「ピースフル・キンダム」という本を読み発表する課題が与えられました。大変分厚い本だったので誰も志願する者はいなかったが、「私がやります」と志願し、1週間後にみんなの前で発表しました。それから周囲の評価があがり友達がたくさんできました。人生には、無理を承知で手を挙げて「私がやります」といわなければならない場面があり、それが次のステップを開くことになるのではないでしょうか。ライシャワー先生からはアジア研究所所長のクレンツ先生を紹介され、2年間の奨学金延長を推薦してくれました。このときの対応の早さには驚きました。

ドクター論文は39か月で書き上げました。これは帰国時の航空券5人家族分を半年前に購入していたのを無駄にしたくなかったので必死に書き上げましたが、それが短期間の論文完成を可能にしたといえるでしょう。このように自分自身にプレッシャーをかけることが人生において必要なときがあります。帰国後、筑波大学と某名門私立大学から話がありましたが、筑波大学の話を断り、某名門私立大学にお願いしました。しかし、教授会で3分の2の賛成をえることができずだめでした。おそらく、アメリカ時代の派手な服を日本でも着用していたことと、農学出身という履歴が政治学の分野で受け入れられなかったことの原因だと思います。仕方なく、1年間大阪の文化アパートで就職浪人の生活をおくりました。その後、筑波大学が再度受け入れてくれたことにより、33歳から50歳までの17年間筑波大学で研究生活をおくることができました。

50歳の時、東京大学総長の佐々木さんから日本政治学のポストが空いたのでどうかとすすめられました。家族からは東大で苦労することが予想されるので反対されましたが、最終的には一人で東京大学法学部に転任することを決め、11年間東大で働きました。60歳の時、潮谷前熊本県知事が出馬しないので後任としてどうかとすすめられました。すでに4人が出馬していたし、選挙まで2か月半しかなかったことと現職教授が知事選に出馬することは前例がないので、家族と東京大学からは反対されました。しかし、幼少時にカエサルにあこがれていたことを思い出し、61歳の誕生日の日に出馬を決心しました。

現在、熊本県知事として3つの課題の解決に取り組んでいます。一つ目は1兆7百億円の熊本県の財政赤字の解消、2つ目は川辺川ダム建設の白紙撤回、3つ目は水俣病問題の特措法による全面解決です。財政再建については、県知事の月額124万円の給与を100万円カットすることから始めました。前年度の税額10万円がかかってきたので、手取りは14万円になってしまいました。しかし、自己犠牲の効用からか、県庁職員も給与カットに協力してくれることになりました。この他、県知事として「夢のある教育」、「時習館構想」を立ち上げ実行しています。「夢のある教育」というのは、成績優秀なのに経済的に進学が困難な学生に奨学金を支給するというものです(夢プラン)。「時習館構想」というのは私学文書課を私学振興課にかえ、成績優秀者にはハーバード大学などアメリカのアイビーリーグの大学に知事からの推薦をするというものです。数学ができて文武両道のユニークな人材を世界に飛び立つ人材として育てたいのでぜひチャレンジしてみてください。

最後に「1.人世の可能性は無限大、2.逆境の中にこそ乗り越えたときの喜びが待っている、3.夢を持ち、夢に向かって乗り出すことが大事、4.夢の実現に向け120パーセントの努力をすることが大事」という4つのメッセージを贈ります。

Above the Expectation(期待度を超えて!)”

「人生におけるそれぞれの舞台で、120%の努力を持って逆境を乗り越えていく」

これが自己実現ということになるのではないでしょうか。

 

【質疑】

Q1.蒲島県知事が自分の人生を1文字で表すとしたら? 

A1.熊本県知事としては飛躍の「飛」をあげたが、自分の人世なら「夢」ということになるでしょう。

Q2.農業の自由化の中で、熊本県の農産物が生き残るためにはどうしたらいいか。

A2.農産物自由化の問題は難しい。しかし、自由化の波は避けられないから、事前に日本の農業のビジョンを先に描くことが必要。熊本県は水がいいから、熊本の農産物はすでに世界1で競争には勝てると思う。でも、それを広く知ってももらうことが大切。

Q3.蒲島県知事が苦しい時にも「夢」を持ち続けることが出来たのはなぜ?

A3.「夢」があったからこそ、逆に苦しいことにも耐えることができたのではないか。それとそれを支える家族の存在が大変大きい。

【生徒会長の謝辞】

「夢限りなく」という今日の講演に大変励まされました。今年100周年を迎える九州学院の今というこの時の中で学べることの誇りと自覚を持ってこれからも努力していきます。

 2010年度のクリスマス献金は、生徒・保護者・教職員・卒業生・一般の方などから合計55万円が寄せられました。(偶然にも数字が55万円丁度) ご協力本当にありがとうございました。

 皆さんから温かい志は以下のところに贈らせて頂きましたことをご報告致します。

送金先

送金額

日本赤十字社

100,000

日本ユニセフ協会

100,000

光の子会

50,000

熊本ライトハウス愛育会

50,000

釜ケ崎 喜望の家

50,000

キリスト教海外医療協力会

50,000

広安愛児園

50,000

日本福音ルーテル社団

50,000

パウラスホーム

50,000

次年度繰越

0

合計

550,000

 

 

 

 1月13日、九州学院との姉妹校で、オーストラリアのアデレード市にあるインマヌエル・カレッジから、新しい交換留学生のケイト・トーマスさん(17歳)が初登校しました。                                                                               

トーマスさんは昨年の訪日団のメンバーとして九州学院で数日間を過ごした経験もある、何事にも熱心な優秀な生徒だということで、これから一年間ホームステイをしながら、授業に参加し日本語や日本文化を中心に学ぶことなっています。                 九州学院からも安武詩織さん(1年2組)が、一年間インマヌエル・カレッジに留学する予定です。

                                                                                       九州学院と同カレッジは1990年に姉妹校締結し、留学生の交換、研修団を派遣しあうなどして交流を続けています。       なお、ホストファミリーをして頂けるご家庭のご協力を宜しくお願い致します。

 

 

 1月11日(火)に九州学院の始業式が行われました。 中学校はホールで、高校は体育館でそれぞれの場所で、内村院長の挨拶、クラブ関係の表彰式などが行われました。。

 例年よりもかなり気温が低く冷え切った体育館で行われた高校の始業式で、今年最初の挨拶に立った院長は、「今年はいよいよ創立100周年の記念の年、みなさんでで盛り上げましょう」「1月18日には蒲島知事を迎えての記念講演会があるが、知事はたいへんな努力の末に夢を掴んだ方で、きっと貴重な話しをされるでしょう。きちんとした態度で講演に臨みましょう」などと話されました。

 その後、昨年末都大路を走り全国3位に入賞した駅伝チームや、書道、チア―ダンス部などへの表彰が行われました。

 

CA3G0145.JPG

 1月8日(土)に2011年度の九州学院中学校の奨学生・専願生入試を実施しました。  午前中に国語、社会、理科、社会の4教科の筆記試験(理社は50点、国数は100天満点)を行い、午後には個人面接を行いました。合格発表は1月12日(水)となっています。詳細につきましては、合格発表の後に行います。 

 なお、中学校一般後期入試(最終)は2月5日(土)に実施します。願書受付期間は

1月26日(水)23日(木)となっています。

新年明けましておめでとうございます。

九州学院創立百周年の記念すべき2011年の幕開けです。皆様方にとられまして、本年が輝かしい一年となりますようお祈り申し上げます。

 

<一月の主な学校行事>

   5日(水)義務制教職員同窓会  18:30 交通センターホテル

   8日(土)中学校奨学生・専願生入試

  11日(火)始業式 実力考査(一部〜12日)

    12日(水)中学校奨学生・専願生入試合格発表

    13日(木)高校奨学生・専願生入試願書受付開始 〜19

    15日(土)センター試験 〜16日 全校休業日(22日の振り替え)

     18日(火)九州学院創立記念講演(蒲島郁夫知事)  

       21日(金)中学校漢検・英検

     22日(土)高校12年進研模試  高校3年最終登校日

     25日(火)高校奨学生・専願生入試

     26日(水)中学校一般後期入試受付開始 〜23

     30日(日)花岡山熊本バンド早天祈祷会

31日(月)高校奨学生・専願生入試合格発表 

  

    22 校内駅伝大会 5 中学校一般後期入試  9 全国優勝祝賀会

    17 高校一般入試  21日〜22 高校二年修学旅行

 23日〜25 中学三年期末考査  31 高校卒業式

   

本年もどうか宜しくお願い申し上げます。

                           20111月1日

                             学校法人 九州学院