九州学院HOME - おしらせ

おしらせ

北海道女満別 エース二階堂は注目の右腕 最速145キロ

[2012/03/16]

 <熊本日日新聞記事より>

 第84回選抜高校野球大会(21日から12日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市の毎日新聞大阪本社であった。2年連続5度目の出場となる県勢の九州学院は第2日第1試合(22日午前9時開始予定)の1回戦で21世紀枠で春夏通じて初出場の女満別(北海道)との対戦が決まった。

 女満別は全校生徒約130人の小規模校。極寒の地域で野球に取り組む姿勢が評価され選ばれた。昨年秋の北海道大会は16強。最速145キロ右腕の二階堂誠治が中心で、攻撃は爆発力はないが積極的にフルスイングする姿勢が徹底している。

 九州学院の坂井宏安監督は「北海道勢とは練習試合も含めて初めての対戦。どこと対戦しようが自分たちの野球をする」と話し、萩原英之主将は「九学打線は速球派が得意。まだ相手の詳しいことは分からないが、今からしっかりイメージをつくっていきたい」と表情を引き締めた。