九州学院HOME - 同窓会からのおしらせ

同窓会からのおしらせ

拉致被害松木薫氏の歌「薫の約束」 哀愁を帯びた名曲

[2010/09/08]

 拉致被害DSC03800.JPG松木薫氏をテーマにした「薫の約束」という歌を聴いたことがありますか? この歌は2008年に熊本在住のうらた剛氏が作詞・作曲したもので、「お母さん叶うものならもう一度・・・・」と、哀愁を帯びた旋律に乗って語りかけるように歌われています。                                               

松木薫氏は1972年に九学院を卒業。京都外国語大学大学院からスペイン留学中の1980年、オーストリアで拉致され、2001年の小泉首相訪朝の際に拉致被害者として認定されましたが、その後も消息不明で今日に至っています。                                             

北朝鮮に拉致されて30年。病床にあるお母さんのもとに元気な姿を見せてあげる日が一日も早く来るようにと願ってやみません。